力強い地域社会をつくるために

他者に投資することは私たち自身に投資すること

 

服を売ることは、ティーンネイジャーが人生で歩む道を見つける手助けをすることと、どう関係しているのでしょうか?服を売ることは、教育を受ける機会に恵まれなかった女性のチャンスを、どのように切り開くことができるのでしょうか?また、自らの時間や才能を地域社会に捧げているボランティアの持つ可能性を、どのように引き出せることができるのでしょうか?

Gap Inc. の創業者であるドリスとドン・フィッシャーは、1969年にGap第1号店をオープンした当初、こんな疑問を抱きました。そして今日に至るまで、私たちは同じ疑問を投げかけ続けています。私たちは事業を経営することで、世界中の地域社会の人々のために、チャンスを創ることができると考えています。私たちの会社は、私たちが属する地域社会と表裏一体であるということを、ますます実感しています。また、そのどちらかに機会が与えられれば、必ず両方に利益がもたらされるとも信じています。

フィッシャー夫妻は、会社を創設するずっと前からこの価値観を実践し、地域社会に生涯にわたり、惜しみない貢献をしてきました。長年にわたり、彼らは従業員にレベルの高い行動基準を設けてきたのです。ドンは、1963年から2009年に亡くなるまで、サンフランシスコのボーイズ&ガールズ・クラブの役員を務めていました。またドリスは、ビジネスの先駆者というだけでなく、世界最大規模のアパレルリテーラーを共同創設した女性として、企業が人々の生活にどのような変化をもたらすことができるのか、というビジョンを切り拓く後押しをしてきました。率先して、教育や芸術を支援してきたドリスにとって、地域社会に対して責任を持つことは、常に極めて私的なことでした。彼女は今でも、ボランティア活動に携わる当社従業員に手書きの礼状を送り、Gap財団の評議委員会の理事を積極的かつ情熱的に務めています。

フィッシャー夫婦から受け継がれてきた伝統は、他の人々の成功を支援できてこそ、企業も真の意味での成功を収められるという事実を知るつながりの一つです。こうした考え方は、コミュニティに還元するというものではなく、私たち全員にとってより堅実な未来を築くために投資を行うという考え方です。Gap Inc. の商品を製造する女性に新しいスキルを習得する機会を提供することで、彼女たちは習得した能力や自信を自分の仕事に生かし、より優れた商品の製造に貢献してくれます。また、Gap Inc. の従業員が、初めての仕事に就く青少年に心構えを教えるボランティア活動を行うことで、彼ら自身が他者に助言を与え、指導するスキルを伸ばすことができます。その青少年が、成長して成功を収めるにつれ、私たちは将来有望な人材候補や潜在的なお客様とのパイプラインを強化していることになるのです。こうしたつながりが、時間とともに一層強まることで、一人で達成するよりも全員で力を合わせた方がより大きな目標を達成できるようになります。

file

 

私たちは、女性や青少年、またボランティア活動に携わる当社従業員たちが、より大きな目標を掲げ、自分自身の可能性を十分に発揮できるチャンスを創ることを目指しています。

 

Gap Inc. は、事業と地域社会がともに存続するためには、協働する必要があると信じています。そして、当社が持つ根本的な強みを生かすプログラムに重点を置くことで、戦略的に取り組むことを目指します。女性や青少年の活躍を促進するとともに、ボランティア活動を支援することで、より一層大きな変化をもたらすことができると、私たちは考えます。

これらの各支援分野は、当社の歴史や文化と深く関わっています。ドリス・フィッシャーが、Gap Inc. の創設に共同出資したその時から、女性はこの会社で重要な役割を担ってきました。また、青少年は、Gap Inc. の事業にとって大切なお客様以上の存在です。私たちは何十万人もの青少年に初めての仕事を提供してきました。そしてボランティア活動は、創設者から受け継いだ私たちのDNAの一部として、Gap Inc. の在り方において中核を成してきました。そのため、従業員の多くがGap Inc. に就職し、現在も働き続けている理由の一つに、ボランティア活動をあげています。 

 

世界中の女性100万人に教育プログラムを提供します。

 

2007年、Gap Inc. は、私たちの商品製造に携わる女性に、仕事と生活で向上するためのスキル習得や自信を育む機会を提供する P.A.C.E.  (Personal Advancement & Career Enhancement: 個人の能力とキャリアの向上)プログラムを立ち上げました。現在までに、12か国で5万人以上の女性がこのプログラムを受講しています。そして2015年9月、Gap Inc. は、2020年までに世界中で100万人の女性にこのプログラムを届けるため、工場だけに留まらず地域社会へと拡充し続けることを約束しました。

P.A.C.E.を受講した多くの女性が、「具体的なスキルを習得できただけでなく、自分自身や自分の能力に対する認識も変わった」と言っています。また、「コミュニケーション、家計の管理、健康管理、将来設計などの能力が向上した」とも述べています。自分の人生であれ、家族や地域社会の生活であれ、一人ひとりの女性に経験した変化の物語があるのです。 Gap Inc. P.A.C.E. のウェブサイトで、Gap Inc. が実施しているP.A.C.E.プログラムや、このプログラムの拡大に対する私たちの考え方についてくわしくご覧ください。

 

青少年に社会人としての心構えを教えています。

 

多くの若者にとって、初めての仕事というのは、人生を変えることができる力を持っています。Gap Inc. の店舗インターシッププログラム This Way Ahead(TWA)は、援助を必要とする地域で育った16~24歳の若者が初めて仕事を見つけ、明るい未来を築くための支援が目標です。

私たちの非営利団体パートナーは、TWAに参加する地元地域出身の青少年を採用し、彼らに就職や仕事を続ける上で必要なスキルを教えています。Gap、Banana Republic、Old Navyの従業員がボランティア活動を行い、意思決定や問題解決など、さまざまなトピックを題材に、キャリアに関するパネルディスカッションやワークショップを主導し、彼ら自身の職場体験を参加者に伝えています。TWAの卒業者は、当社店舗で有給インターンシップに応募する機会を得て、実際の職場環境の進み方を学びます。

その経験から生まれるつながりを通じて、TWAは関係者全員に恩恵を与え、このプログラムを進化し拡大させようという気持ちを起こさせます。青少年が、貴重なスキルを習得し、仕事に就くことで、私たちの事業は強力な人材パイプラインを手に入れることができました。また、当社従業員は、若い参加者を指導することで、自身のキャリアを積むためのスキルを身に付け、さらなる意欲を高めています。Gap Inc. の各ブランドは、TWA卒業者の採用率を上げる予定で、2020年までに1万人の青少年がプログラムに参加すると見込んでいます。

この進化は、「創造」「統合」「影響」の3段階で構成されている、Gap Inc. の広範な持続可能戦略に合致しています。当社が、この戦略を通じて最終的に達成したいのは、より多くの人々の人生に変化をもたらす機会を、長期的に持続可能な方法で、より大きな規模で提供することです。

file

 

ボランティアをサポートします 彼らが世界を変えられるように。

 

ボランティアの参加者には、自らの時間だけでなく、数字では表すことのできない創造性やスキル、才能を提供することで、世界を変える力があると私たちは信じています。2015年および2016年には、Gap Inc.とその従業員が、90万時間を超える従業員主導のボランティア活動を行いました。言い換えれば、根気強く子供に勉強を教え、就職の面接や人生の新たなスタートに赴く女性の服装をコーディネートし、人を雇う資金のない非営利団体で重要な業務を管理するなど、彼らは数えきれないほど多くの時間を捧げたことになります。

Gap Inc. のボランティア活動に携わる従業員は、自らの地域社会に貢献することに熱心で、私たちは Be What's Possible (可能性を実現させよう)のウェブサイトを通じて、彼らの活動を支援しています。より効果的に活動に取り組むため、私たちは彼らに地域社会の団体と、長期にわたる協力関係を築くよう推奨しています。長い時間をかけることで、その団体が何を必要とし、どのように変化をもたらしているかを、よりしっかりと理解することができるからです。団体も彼らのことを知り、ボランティア活動をより効率的に行えるよう手助けできるようになります。このようなより深いつながりが、より大きな成果に結びつくのだと私たちは信じています。

Gap Inc. のコミュニティリーダーは、このビジョンを実現する中核的な役割を担っています。彼らは、私たちの地域社会における重要な橋渡し役として、チームのボランティア活動への参加を促し、模範を示して責務を導き、私たち全員が結託して活動に参加する行動を促進します。現在、世界7か国にいる2千人以上のコミュニティーリーダーが、Gap Inc. 全体のチームを率いて、より強固な地域社会を築くため、無限の可能性を持ったボランティアプロジェクトを実施しています。

当社の各ブランドは、コミュニティリーダーを通じて、これらの取り組みに単に関わるだけでなく、取り組みを推進するという重要な役割を果たしています。例えば、2014年、Banana Republicの店舗チームのボランティア活動への参加率は100%に達し、チーム全員が時間と才能を地域社会に捧げました。またOld Navyでは毎年、ボランティア活動に携わる店舗従業員が、職業体験イベント「キャンプOld Navy」を開催し、全米の何千人もの若者が、事業の舞台裏で、事業運営に必要なことを直に体験するチャンスを提供しています。

世界規模のリテーラーとして、国際社会の一員であるGap Inc. は、すべての人々が同じ機会を与えられて初めて、地域社会の一人ひとりが成長できると考えています。私たちはこれまでに何度も、人々の人生に変化をもたらす努力を重ねることで、私たち自身にも変化がもたらされる様子を目の当たりにしてきました。地域社会に対する取り組みにより、私たちはより優れた商品を作り出し、人材のパイプを強化し、より革新的な企業になることができました。そして何よりも、私たちの事業に何らかの形で関わっている人たちとつながることができました。このようなつながりを通して、私たちはより良い企業へと成長し、今後も地域社会により一層貢献ができる方法を模索していきます。

The Short Story

  • Gap Inc. は、女性、青少年、ボランティア活動に携わる従業員への機会創出に注力しています。
  • Gap Inc. 従業員は、2015から2016年の間に3000万ドルの従業員主導の地域社会投資をしました。
  • Gap Inc. 従業員は、2015から2016年の間に、90万時間以上をボランティア活動に費やしました。
  • 7カ国から3,000人のGap Inc. 従業員が、コミュニティリーダー プログラムに参加しています。