従業員のエンゲージメントを高める

他者に投資することは私たち自身に投資すること

 

Gap Inc. の企業文化には、コミュニティに還元する精神が根付いています。それが、Gap Inc. で働く多くの人々を引き付け、彼らがこの会社で働き続けたいと思う根幹となっています。ボランティア活動に対する給付金や時間を通じて、従業員にとって最も有意義な形で地域社会に還元することを奨励する柔軟なプログラムを導入しているのはこのためです。

Gap Inc. でボランティア活動に携わる従業員は、仕事にさらなる熱意を持って取り組み、在職期間は約2倍、より頻繁に昇進しています。

世界7か国で約3,000人の従業員が参加している当社のコミュニティリーダー プログラムを通して、彼らが地域社会に本当の意味で変化をもたらすことができる機会を提供しています。ボランティア活動の中核的な役割を担うコミュニティリーダーには、ボランティア参加者が自らの才能やスキルを活用できる地域の非営利団体を見つけるよう奨励しています。当社の目標は、これらの団体とパートナーシップを結び、地域社会にプラスの影響を長期的にもたらすことです。こうした模範を示すことで、パートナー団体は当社に信頼を寄せボランティア活動に携わる当社従業員のトレーニングに投資をし、ボランティア参加者と地域社会とのつながりを一層深めることが可能になります。その他のビジネス活動と同様に各チームがそれぞれの目標設定と達成に責任を持ちます。

コミュニティリーダー プログラムに加え、当社は従業員が自分に合った形で地域社会に貢献できるよう支援するため以下のプログラムも提供しています

フィールドチームグラント:ストアチームが若者の育成または女性の自立支援、社会進出を支援するコミュニティ団体でボランティア活動を行うと、活動時間25時間ごとにその団体に対して250ドルの助成金を申請することができます。青少年の育成と女性の社会進出は、Gap Inc. が持続可能性において特に力を入れている2つの分野であり、最大の影響をもたらすことができるため、当社はこれらの活動を奨励しています。

マネーフォータイム:従業員が認定された非営利団体でボランティア活動を行うと、活動時間15時間ごとに150ドルを寄付します 。(勤続1年以上の従業員が対象)。

同額寄付プログラム:従業員が認定されたコミュニティ団体に寄付した金額に同額を上乗せして寄付します(勤続1年以上の従業員が対象)。

2017年、Gap Inc. と当社従業員は従業員主導の地域社会投資に総額1,480万ドルを寄付しました。これはボランティア活動時間、従業員からの寄付金、および当社が上乗せした同額金の合計金額です。この金額には、恵まれない境遇にいる女性の支援から若者のより良い未来作りを可能にするまで幅広い問題に焦点を当て取り組んでいる様々な団体に当社従業員が費やした420,811時間以上のボランティア活動時間が含まれています。

これらのプログラムは、社会的および事業的の両観点からGap Inc. に恩恵をもたらしてくれています。当社従業員によるボランティア活動は地域社会に長期的な影響を与え、世の中を変えることに情熱を持つ意欲の高い従業員は当社の事業に利益をもたらしてくれます。例えば、ボランティア活動に携わる従業員はそうでない従業員に比べ、離職率は約3分の1、在職期間は約2倍、そしてより頻繁に昇進していることがわかっています。

file

The Short Story

  • Gap Inc. は従業員の地域社会への貢献を支援するため、ボランティア活動のための休暇、コミュニティ団体への助成金、ボランティア活動時間に対する給付金、同額寄付プログラムを提供しています。
  • Gap Inc. 従業員は、2017年に1500万ドルの従業員主導の地域社会投資をしました。
  • Gap Inc. 従業員は、2017年の間に、42万時間以上をボランティア活動に費やしました。
  • 7カ国から3,000人のGap Inc. 従業員が、コミュニティリーダー プログラムに参加しています。

EMPLOYEE ENGAGEMENT

  • 従業員主導のコミュニティへの投資を、一年につき1,500万ドル行う。
  • 従業員は最低430,000時間のボランティア活動を報告する。
  • 従業員の25%がボランティアに参加しました。