人権の尊重

Gap Inc. の商品製造に携わる人々を最優先に考える

 

商品を実際に製造してくれる人がいなければ、企業として成功を収めることはできません。彼女たちが安全な環境で公平な労働条件の下に働き、尊厳と敬意を持った待遇を受けることができるよう、私たちは努力を重ねています。この努力の根幹をなすのは、労働者の人権保護を目指す私たちの取り組みです。私たちは何年もかけて関係団体と対話を重ね、Gap Inc. のブランド商品を供給する工場の管理者や従業員と交流を図りながら、当社のアプローチを策定しました。私たちは以下に挙げた重要な人権問題の評価を継続的に行っています。

file


Gap Inc. の商品製造に携わる人々が安全かつ公正な環境で働き、尊厳と敬意をもって守られることを保証することに強い責任を感じています。
 

Gap Inc. の「人権に関するポリシー」 は、国際的に認められている人権を尊重し、人権侵害に関わらない、という私たちの公約を文書化し、その指針を示したものです。私たちは世界人権宣言(UDHR)、国連グローバル・コンパクト、OECD(経済協力開発機構)多国籍企業行動指針、国際労働機関(ILO)の中核的条約に含まれる原則を支持しています。  

これまで、私たちが直接雇用契約を結び、改善に大きな影響力を持つ縫製工場の人権問題に主に焦点を当ててきました。現在は、直接的な影響力は少ないものの前向きな変化を生み出す可能性があるエリアなど、当社のサプライチェーンの他の部分における人権問題にも取り組むべく新たな人権戦略の策定を進めています。

The Short Story

  • 衣料製造産業が雇用の機会を提供することで、多くの人々がより良い人生を築くために貢献している一方、インフラや法規範が整備されていないために苦しんでいる地域もあります。
  • Gap Inc. は、対処が必要な問題を知るため、私たちの商品製造に携わる人々と対話を持つことに重点を置いています。
  • Gap Inc. は児童労働や強制労働を固く禁じ、万が一そのような事例が生じた場合は即座に行動を起こします。
  • Gap Inc. は人々が差別や虐待から保護され、結社の自由の権利を享受でき、職場で問題提起ができる環境作りに尽力しています。