This Way Ahead

人生で初めての仕事が持つ力を信じて


Gap Inc. は2007年に、経済面で困難を抱える16歳から24歳の若者が初めての仕事につくための支援を目的としたライフスキル習得と就業準備のプログラム「This Way Ahead」を立ち上げました。This Way AheadではOld Navy、Gap、Banana Republic、Athletaの従業員がプログラム参加者の指導にあたるため、このプログラムは当社従業員のリーダーシップとマネージメントスキルの育成にも貢献しています。

また当プログラムを採用戦略にも組み入れることで、Gap Inc. は貴重な将来の従業員候補者のパイプラインを構築しています。
 

2025年までにエントリーレベルのストア従業員採用者におけるThis Way Ahead卒業生の割合を5%にすることを目指します。

 

当社はThis Way Aheadを通じて店舗と物流センターを、従業員自身がキャリアプランについて得た知識をプログラム参加者に伝え、彼らの情熱に火をつけるキャリアを切り開くきっかけを与える格好の教育の場として再定義しました。

プログラム参加者は店舗や物流センターに配属される前に、対面式またはオンラインの研修やコーチングを受けます。そしてこの研修期間中に、意思決定や目標設定、プレゼンの仕方や問題解決にいたるまで、就職と就業継続のために必要なスキルを身につけます。

このプログラムが成功している理由の一つは、当社がパートナーシップと人の繋がりが持つ力に重きを置いている点にあります。Gap Inc. は地域の非営利団体と密に連携しながら参加者たちの就職支援と就業トレーニングを行い、ワークショップの主導と参加者のメンタリングに関してはストア従業員のボランティアに託しています。

This Way Aheadはこれまでに大きな効果をあげており、当社は今後に向けてさらに高い目標を掲げています。2017年末までにアメリカ、イギリス、カナダの15都市で3,800人以上の若者がThis Way Aheadに参加しました。2015年には、エントリーレベルのストア従業員採用者に対するThis Way Ahead卒業生の割合を2025年までに5%にするという大胆な目標を発表しました。

この目標達成のため、2020年までにThis Way Aheadに10,000人の若者が参加することを見込んでいますが、既に目標達成のときは近づいています。2016年にはプログラム実施都市を倍にすることで参加者は3倍になり、2017年には2都市を追加して参加者はさらに倍になりました。そして2018年にはこれまでで最大規模のプログラム拡大を実行します。ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブ・オブ・アメリカとのパートナーシップを通じて、This Way Aheadの実施都市に新たにアメリカの22都市を加え、2020年までに実施都市数を合計60都市にまで増やす予定です。

さらにイギリスで導入都市を3都市から11都市に拡大し、アメリカのAthletaの一部店舗、日本のGapとBanana Republicの一部店舗、そしてアメリカの物流センターでの導入も予定しています。こうした取り組みにより、当プログラムを通年で実施することが可能となります。

file

誰にとっても有意義なThis Way Ahead This Way Aheadを導入したこの11年間で、社会にも自社のビジネスにも大きな利益がもたらされました。 当社は収集したデータや非営利団体のパートナー、参加者、従業員ボランティアたちからのフィードバックをもとに、継続的に当プログラム内容の充実を図っています。

世の中の動向を踏まえ、目まぐるしく変化する世相に対応したプログラムを開発し、若い従業員をサポートしています。そして目標達成のためにプログラムの規模を拡大する中で、当社は店舗数や参加者数の異なる各マーケットに対応した多様なモデルを試験運用しています。 また、当社はトレーニングプログラム内容を各地域の若者に合わせてカスタマイズしてくれる非営利団体との長期的パートナーシップに投資することの重要性や試験導入を通じて新しいアイデアに挑戦してみることの重要性など、これまでに学んだことをプログラム運営に反映しています。

当プログラムの最もユニークな特徴としては、Gap Inc. の現役従業員がボランティアで非営利団体のパートナーと共に、面接選考前の参加者を対象とするワークショップで指導を行っている点があります。

これはGap Inc. の従業員にとってマネージャーとしてのリーダーシップスキルやプロフェッショナルとしてのスキル開発の機会となるだけでなく、This Way Aheadの参加者にとっても、面接という大きな勝負の前にGap Inc. の従業員との関係を築けるチャンスでもあります」とGap Inc. のグローバルコミュニティーパートナーシップのディレクター、アビー・ダビソンは語ります。 このプログラムが成功している理由の一つは、当社がパートナーシップと人の繋がりが持つ力に重きを置いていることです パートナーシップを通じてより多くの人とつながる さらに多くの10代、20代の若者にこのプログラムを届けるため、当社は次に挙げるアメリカ、イギリス、カナダ、日本の非営利団体と戦略的な長期パートナーシップを締結しました。

 

Gap Inc. はThis Way Ahead をアメリカ、イギリス、カナダ、日本の50都市で実施しています。
各国、地域の実施都市は次のとおりです。

Unaited States

  • West:ロサンゼルス/カリフォルニア州、ポートランド/オレゴン州、セイラム/オレゴン州、サンディエゴ/カリフォルニア州、サンフランシスコ/カリフォルニア州
  • North East:ボストン/マサチューセッツ州、コロンビア/メリーランド州、ハリスバーグ/ペンシルベニア、ハートフォード/コネチカット州、ニューヨーク/ニューヨーク州、フィラデルフィア/ペンシルベニア、シュルーズベリー/ニュージャージー州
  • Mid West:シカゴ/イリノイ州、クリーブランド/オイハオ州、コロンバス/オイハオ州、グリーンベイ/ウィスコンシン州、カンザスシティ/ミズーリ州、ケノーシャ/ウィスコンシン州、ミルウォーキー/ウィスコンシン州、ミネアポリス/ミネソタ州、オクラホマシティ/オクラホマ州、オマハ/ネブラスカ州、セントルイス/ミズーリ州
  • South West:オースティン/テキサス州、ヒューストン/テキサス州、メサ/アリゾ ナ州、サンアントニオ/テキサス州、スコッツデール/アリゾナ州 
  • South East:アトランタ/ジョージア州、コロンビア/サウスカロライナ州、フォートローダーデール/フロリダ州、ギャラティン/テネシー州、メンフィス/テネシー州、マイアミ/フロリダ州、ナッシュビル/テネシー州、ノックスビル/テネシー州、ローリー/ノースカロライナ州、サラソタ/フロリダ州

Canada カルガリー、トロント、バンクーバー

United Kingdom

  • Ingland:バース、バーミンガム、ブリストル、エセックス、ロンドン、マンチェスター、ニューカッスル、ニューポート、ポーツマス
  • Norrth Ireland:ベルファスト
  • Scotland:エディンバラ、グラスゴー
  • Wales:カーディフ

日本   東京

プログラム体験談

ナターリア

「Old Navyのインターンとして迎えた初日のことは今でも忘れられません。それまで小売店で働いたこともお給料が出る仕事をしたこともなく、どうなることか分かりませんでした。でも初日は瞬く間に過ぎていきました。私の仕事は店頭での『グリーター』で、人とかかわることが好きな私にはまさにぴったりでした。チームのみんなは本当に良い雰囲気で、インターンが終わった後も絶対にこのままストアの正社員として働きたいと思いました。高校を卒業したら大学に進み、Old Navyの仕事も続けたいと思っています。そして将来的には看護師になりたいと思います。人を助けることに喜びを感じるからです。インターンシップの経験によって私らしく生きることにさらに自信がつきました」

プログラム卒業生のレポートはこちらからダウンロードできます。


ジョメル

「私の家族はいつも大きな夢を抱いていました。私はフィリピンで生まれましたが、13歳のときに母と2人の兄弟とアメリカに移り住んだ時に私の人生は大きく変わりました。私たち家族はすでにアメリカに移住していた祖父母たちに合流し、より良い暮らしを送りたいと思っていました。様々な苦労も経験しましたし、英語も学ぶ必要もありました。でもいつも私は自分のためだけでなく家族のためにも成功を夢見ていました。学校でThis Way Aheadのことを知り、私はOld Navyでの仕事につくことができたのですが、そこで得たのは仕事以上のものです。様々なバックグラウンドを持つ多くの人たちと出会うことができ、問題解決能力を高めることもできました。この経験を通じて強くなれた気がします。私の次のステップは大学進学です。一生懸命に取り組む毎日ですが、同時に驚きに満ちた冒険の日々を楽しんでいます」