CEOからの手紙 

正しいビジネスが世界を変える 


Gap Inc. では、ビジネスは環境や人々の役に立つ取り組みを支える力になることができる、またはそうであるべき、という信念のもとビジネスを運営しています。

正しいことを行う、それは競合優位性です。縫製工場で働く労働者たちが工場経営者から公平な待遇を受け、公正な対話を持てるよう支援すること、気候変動の問題に取り組むこと、誰をも温かく受け入れる差別のない職場を培うことなど。誰もが成功するチャンスを与えられてこそ、私たちのビジネスは成功できるのです。

file

 

アパレル業界のグローバルリーダーとして責任の伴う取り組みを継続する中、2017年に私たちはいくつかの重要なマイルストーンを達成しました。私たちのブランドは業界に先駆けて様々な取り組みを実施しています。最も急成長しているブランドであるAthletaは、女性や少女たちが無限の潜在能力を発揮できるよう支援していることや、環境保全活動に深く関与したことが認められ、今年Bコーポレーション(米国ペンシルバニア州に拠点を置く非営利団体のB Labが運営する認証制度。環境や社会に配慮した事業活動を行い、アカウンタビリティや透明性などB Labの掲げる基準を満たした企業に対して与えられる民間認証)の認証を受けました。私たちのメンズウェアの最新ライフスタイルブランドであるHill Cityも、多くの商品を生み出す上でサステナビリティを取り入れていることが認められ、Bコーポレーションの認定を受けたブランドとしてローンチしました。私たちの持つ3大ブランドでは、Boys & Girls Club of Americaとパートナーを組み、OJTの機会を提供するプログラム、This Way Aheadをさらに拡大しました。初めての仕事が人生を変えうる力があること、また多様性に富み、会社へのエンゲージメントの高い人材を雇用することで得られる価値をわかっているからです。 

企業レベルでは、改善された製造方法によりで2020年末までに100億リットルの節水を目指すという新たな目標を掲げました。パートナーとの新しい協働方法や目標の改定を受け、これまでも10年以上ライフスキルを習得する機会を提供してきたP.A.C.E. プラグラムでは、最終的に100万人を超える女性たちを支援することを目指しています。さらに、商品を供給するすべてのサプライヤー工場に、2020年までに現金払い主体のシステムから電子決済へ移行することを求めています。これは、縫製工場で働く女性にとって正規の金融システムを利用できるようになることがいかに重要であるかを認識しているからです。 

私たちが直面する課題を一企業だけの力で解決することはできません。そこで、より強靭な未来を創造するために、既存のパートナーシップを進化させ、新たなパートナーシップも構築しています。2017年、Gap Inc. はインドのサプライチェーンが携わる地域社会で暮らす女性の清潔な水へのアクセスと上下水サービスの向上を支援するために、米国国際開発庁 (USAID)との革新的な官民パートナーシップを締結したことを発表しました。また、今年初めには、エレン・マッカーサー財団や先進的なアパレルブランドと提携し、アパレルのデザインと製造における循環型ファッションの未来作りを加速させる取り組みにも携わっています。 

世界中のアパレル業界は、商品を作る過程で環境や携わる労働者を守るために努力を積み重ねる必要があります。直面している課題は複雑ですが、私たちは自分達の役割を果たしていきます。2020年に向けて掲げた壮大な目標に対する進捗評価については今後、頻度を上げて年に一度サステナビリティ―レポートを配信していきます。 

取り組み始めてから20年以上が経ちますが、更に加速させる必要があることも理解しています。ビジネスの健全性を保ち、カスタマーと従業員の健やかな暮らし、そして健全な地球の環境を守るために、私たちは全力で尽力します。

 

file

Art Peck

CEO, Gap Inc.