サプライチェーンのマッピング

当社の影響力と持続可能な事業慣行

 

商品には、店舗に入荷する前に始まり、私たちの手を離れお客様にご着用いただいた後まで続く「一生」があります。商品のスケッチ段階から、お客様がクローゼットの中身を整理するまでの各ステージに、私たちの事業やそこから影響を受けるすべての人にとっての改善機会とリスクが存在します。

file

 

Gap Inc. はサステナブル・アパレル連合(SAC)の創設メンバーであり、サプライヤーの環境パフォーマンス報告において指導的な役割を果たしました。

 

商品のデザインと調達
 

デザイナーが次に開発するジーンズについて思い描くクリエイティブな構想は、最終的に人や環境に影響を及ぼします。その構想を実現するためデザイナーが社外のサプライヤーに発注すると、製造、調達の各チームが当社の商品を製造する人に対し大きな影響力を持つことになり、それが工場の労働環境や環境フットプリントを改善する私たちの能力にも影響を与えます。調達チームとサステナビリティチームが協働すれば、商品の製造工程のこの初期の段階で、より持続可能な選択を行うことが可能になります。

原材料

商品のタグを見るとお分かりいただけるとおり、私たちの商品の大部分にコットンが含まれており、その製造は環境にも人にも影響を及ぼしています。通常、コットンの栽培と加工には大量の水と化学薬品が使用されます。また、その工程は多くの場合、水や気候のリスクにさらされている地域で行われます。コットンは世界中で移民労働者を含むたくさんの人の生活を支えており、彼らの健康を守り、安全かつ公平な労働条件のもと働けるよう徹底する必要があります。当社では清潔で安全なへのアクセス確保を目指す戦略に関わる、またはそれを補う、上記のような問題に対処するための戦略の策定を進めています。

繊維工場とデニム洗浄工場
 

みなさんが身につけている衣料品の素材はどのように生産されているのでしょうか?みなさんのジーンズは、どのような加工、洗浄工程を経てみなさんの元に届けられるのでしょうか?繊維工場もデニム洗浄工場もみなさんの服の製造工程に欠かせない役割を担っていますが、その一方で大量の水を消費し、また素材の染色や加工のために使用される化学薬品は地域の水資源にリスクを引き起こします。繊維工場での水の使い方の改善とデニム洗浄による地域の水資源の汚染防止のため、当社は各種プログラムを導入しています。さらには、有害化学物質の使用撤廃に向けた努力も重ねています。そして女性と水戦略を通じて、女性が安全で清潔な水源にアクセスしやすくなるよう取り組みを続けています。

縫製工場
 

私たちの商品のデザインを形にするのは縫製工場で働く人々であり、私たちが販売するシャツ、ジーンズはどれも多くの人の手を経て完成します。縫製工場は発展途上国の多くの人にとって重要な就職先となっていますが、アパレル業界は今も労働者の安全確保と人権保護に課題を抱えています。私たちは20年以上にわたり当社の商品を製造する工場の労働環境の改善に取り組んでいます。直近では当社のプログラムの徹底的な評価を行ったほか、労働者の声に耳を傾ける活動に取り組むヴェリテとのパートナーシップなど新たな手法を導入しました。また、設備の照明や運転に使われるエネルギーの節減などを通して工場が環境フットプリントを軽減するサポートもしています。

ロジスティクスと物流
 

当社の商品である衣料品を店舗やお客様の玄関先までお届けするには複雑なロジスティクスが伴い、環境フットプリントに影響を及ぼします。私たちは海運、空輸、トラックや鉄道による陸送を組み合わせ、商品を工場から物流センターを経由して店舗または直接お客様のお手元に届けています。スピード、コスト、そして持続可能性を考慮して最適な輸送方法を割り出すことに注力し、当社の運営施設の中では最大規模である物流センターで省エネ対策を講じています。

店舗
 

私たちのスタイルに始まり、人にも環境にも配慮した方法で事業を行うというコミットメントにいたるまで、私たちのあり方を表現しているのが当社のストアです。当社では6万人以上いる時間給従業員の最低賃金を引き上げ、優秀な人材の採用と保持に益するよう勤務スケジュール作成方法の改善に取り組んでいます。また、ストアの環境フットプリントの新たな軽減方法も模索しています。省エネ型のLED照明やその他の対策の導入によりエネルギー効率が向上し、現在は廃棄物の再利用という野心的目標に向けて努力を重ねています。

消費者による利用

Gap Inc. の衣料品にまつわるストーリーは、製造されて販売されたところで終わるわけではありません。お客様がご購入くださった服をどのように着用され、お手入れし、処分するかまでが当社の商品の環境フットプリントに算入されます。洗濯に冷水を使い消費エネルギーを最大90%削減する、ドラム式洗濯機を使う、などといった省エネ対策に対するお客様の意識はますます高まっています。お客様の多くが不要になった服を寄付したり、何らかの形で再利用しようとするなど、ごみを減らす努力をしており、当社のブランドではそんなお客様をサポートする多種多様なキャンペーンを実施しています。その一例が「Recycle Your Blues」と呼ばれるGapの取り組みです。これは古いジーンズを店舗にお持ち込みいただき、支援を必要とする地域社会で住宅の断熱材として再利用する試みです。私たちはこれからも、お客様との関係を深め、より健全な環境を作り出す当社の取り組みにお客様とともに取り組んでいけるよう、上記のようなアクションを奨励する方法を探し続けていきます。