プレスリリース 2015年5月22日

米国サンフランシスコ発祥のグローバルファッションブランド
バナナ・リパブリックが、リサイクルキャンペーンを実施

米国・サンフランシスコ発のグローバルファッションブランド、バナナ・リパブリック(ギャップジャパン株式会社 東京都渋谷区)は私たちを取り巻く環境・社会を守るためにできることを常に新しい発想で考え、環境保全や社会貢献に尽力する団体とパートナーを組み、寄付や支援を行っています。活動の一環として、日本では2015年5月25日(月)から6月7日(日)まで、衣類品等のリサイクルキャンペーンを実施します。

日本全国のバナナ・リパブリックのストア(アウトレット店除く)では、2015年5月25日(月)から6月7日(日)までの期間、自宅等で眠っている衣類等を収集し、「NPO法人洋服ポスト」を通じ、世界各地で再活用または再加工により新たな用途に生まれ変わらせます。集められた衣類品等は1kgあたり7円を街の清掃活動を行う「NPO法人グリーンバード」に寄付し、活動を支援します。

期間中ご協力いただいたお客様には、衣類品等の持ち込み一回につき、バナナ・リパブリック全店(アウトレット店除く)で2015年6月15日(月)まで利用可能な1,000円分のショッピングクーポンを配布します。

バナナ・リパブリックの商品以外のアイテムもとなり、クリーニングもしくは洗濯済で、汚れや破損のないものを、ハンガーを外しビニールや紙の袋に入れた状態でお持込みいただくようお願いしています。また、店舗内スペースの都合上、持ち込み点数は一回につき10点までとなります。

キャンペーンの対象となるは次の通りです。

・着用可能な洋服 
・靴、サンダル (レインブーツ、ロングブーツ、下駄、草履は対象外です)
・バッグ (キャスター付のもの、ランドセルは対象外です)
・ベルト、ネクタイ、マフラー、スカーフ、手袋、帽子
・和服、帯
・下着、水着
・毛布、シーツ、タオル、ハンカチ、カーテン
・ぬいぐるみ


NPO法人洋服ポスト
眠っている衣類を海外でふたたび活用されるようにするとともに、社会貢献活動を寄付・支援する仕組みです。単なる資源の再利用にとどまらず、社会をよくしようと考え、活動する人々を応援し、経済的指標だけでは測ることのできない真に豊かな社会づくりに貢献することを目指しています。
http://www.yofukupost.net/

NPO法人グリーンバード
「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生したプロジェクト。”KEEP CLEAN. KEEP GREEN”を合言葉として、自分たちが住む街をもっとキレイで、もっとカッコイイ街にする ために、国内外で約70のチームと運営し、主に街の清掃活動を行っています。
http://www.greenbird.jp/

バナナ・リパブリックについて
バナナ・リパブリックはモダンアメリカンスタイルを提案するグローバルファッションブランドです。日々の生活の中で生じる様々な達成感に寄り添うブランドとして、アパレルやバッグ、アクセサリー、フレグランスを手に届きやすい価格で提供しています。1978年にサンフランシスコで創業したバナナ・リパブリックは、現在では直営とフランチャイズを合わせ約700店舗を世界中で展開しています。