プレスリリース  2015年9月28日

Gap Inc.、数々の賞を受賞した独自の教育プログラムの拡大を通して100万人の女性たちの生活を向上させる決意を表明

Gap Inc.独自のP.A.C.E.プログラムを他団体にも提供し、世界中の女性の地位向上を目指す包括的な支援に取組みます
 

2015年9月28日ニューヨーク - Gap Inc. のCEO、アート・ペックは、数々の賞を受賞したGap Inc. のライフスキル教育プログラム「Gap Inc. P.A.C.E.(Personal Advancement & Career Enhancementの略。個人の能力とキャリアの向上の意)」を拡大することで、2020年までに100万人の女性たちの生活を向上させるという内容で、クリントン・グローバル・イニシアチブにて行動へのコミットメントを発表しました。

この壮大な目標を達成するため、ペックはGap Inc. のグローバルサプライチェーン内や世界中の地域社会の中でP.A.C.E. の拡大を継続する計画の概要をまとめました。さらに、P.A.C.E. は、プログラムの修了者や統率力を示したコミュニティ内の女性を対象とする女性向けリーダーシッププログラムのほか、地域社会の10代の少女たちにもこのプログラムを届けるため、新カリキュラムを加えた一連の学習プログラムへと拡大します。そしてGap Inc.は、この独自のプログラムの提供を一層拡大するため初めてグローバルパートナーや他企業に開放します。

「プノンペンからピッツバーグまで、どこにいようと女性はみな共通して地位向上への意欲を抱いています。欠けているのは機会、特に教育を受けるチャンスなのです」とペックは言います。「私たちはP.A.C.E. プログラムを拡大することで100万人の女性たちの生活を向上させる決意であることを宣言します。そして私たちの仲間が増えることを願っています。適切な機会が与えられれば、女性は家庭や地域社会に変化をもたらす強力な推進力になると私たちは確信しています」

2007年に開始したP.A.C.E. は女性の生活に明らかな変化を生み出しています。縫製工場に勤める女性たちにライフスキルを教える教育プログラムとして設計されたこのカリキュラムは、コミュニケーションスキル、経済的基礎知識、時間・ストレスの管理、問題解決、意思決定など9つの分野にわたる最大80時間の授業から構成されています。

 

P.A.C.E. の 検証結果から、このプログラムが女性の知識、スキル、自信を育むことで、女性とその家族の生活を向上させていることが明らかになりました。また、このプログラムは離職率や欠勤率を下げることでビジネスにも大きな影響をもたらしています。P.A.C.E.が受賞した賞には、グローバルCSRサミット&アワードによる2014年度エンパワメント・オブ・ウィメン・アワード(女性の地位向上に対するアワード)も含まれます。

P.A.C.E. は2012年、ビル・クリントン元大統領の目に留まり、その際、元大統領は世界中でさらに多くの女性たちを支援するため同プログラムの実施地域の拡大を検討するようGap Inc. に奨励しました。そうした経緯もあり、ペックは今週ニューヨークで開催されたクリントン・グローバル・イニシアチブ年次総会においてGap Inc. の決意を発表したのです。

今日までにP.A.C.E. に参加した女性は10ヶ国で3万人以上にのぼります。Gap Inc. は当初、同プログラムを自社の商品を製造する工場で提供してきました。2012年には、同プログラムを地域社会の中でも提供するようになりました。そして今回の発表により、このカリキュラムを幅広いパートナーたちとともに様々な環境において活用することが可能になります。

P.A.C.E. を以下の方法でさらに拡大することを本日発表しました:

  • 製造工場と地域社会の両方で100万人の女性たちにこのプログラムを届けるため、衣料産業のその他関係者、企業、開発担当機関、NGOなど既存および新規のパートナーと協働する。
  •  無償のフランチャイズ形式でこの独自のプログラムを任意のパートナーに開放する。これら新規パートナーには再びこのプログラムが成功を収められるよう、P.A.C.E. のカリキュラムについて広範なトレーニングを提供する。
  • 地域社会の13~18歳の少女を対象とした新しい教育プログラムや女性向けの新しいリーダーシップカリキュラムなど、学習プログラムパッケージを開発するためP.A.C.E. カリキュラムの対象範囲を広げる。

「新たに対象を広げたP.A.C.E. のライフスキル教育プログラムは、ライフステージを問わずすべての女性、少女のニーズを満たすために考案されています」とGap Inc. のP.A.C.E. グローバルプログラムのエグゼクティブディレクター、ドッティ・ハッチャーは述べました。「新カリキュラムは、少女たちに自身の人生の軌道に変化を与えるため必要なスキル、自信、技術能力を、そして女性には地域社会を統率する力を与えてくれます。私たちは、女性の地位向上は世界全体を前進させるために役立つと信じています」

貧困者のための公衆衛生の転帰に重点的に取り組む国際組織、Swasti Health Resource Centre、女性のエンパワメントに特化した国際的研究機関の国際女性研究センター(ICRW)、大手の国際的人道支援組織、CARE、といったP.A.C.E.の長年のパートナーは引き続き、同プログラムの拡大において中心的な役割を果たしていきます。

100万人の女性たちに教育を提供するという取り組みの開始を記念して、9月30日水曜日にGap Inc. の従業員数百人がタイムズスクエアに集結し、P.A.C.E.プログラムを修了した数多くの素晴らしい女性たちの中のひとりをモチーフにしたポップアップアート作品を制作しました。

 

Gap Inc. について

Gap Inc.は、Gap、Banana Republic、Old Navy、Athleta、Intermix のブランドを通じてメンズ、ウィメンズ、キッズそしてベイビー向けのウェアとアクセサリー、パーソナル・ケア製品を展開する世界的専門小売企業です。2014年度の売上は164億ドルであり、約3,300の直営店舗と400を超える フランチャイズ店舗およびオンライン販売を通じて、世界90カ国以上で商品を提供しています。詳しくは、www.gapinc.comをご覧ください。  

Gap Inc. はビジネスを展開する地域社会に良い影響をもたらせるよう努めています。Gap Inc. は女性や10代の少年少女、青少年の地位を向上することやボランティアを支援することで大きな変化をもたらすことができるという信念のもと、Gap Inc. のビジネス背景に合ったプログラムに重点的に取り組むため地域社会の団体とパートナーシップを組んでいます。詳しくはwww.bewhatspossible.com(英語のみ)をご覧ください。

2007年に開始したGap Inc. のP.A.C.E. プログラムは女性が仕事と家庭の両方で地位を向上する機会を創り出します。Gap Inc. のP.A.C.E. プログラムやその他の地域社会への投資についてはwww.gap.com/pace(英語のみ)をご覧ください。

 

クリントン・グローバル・イニシアチブ(CGI)について

ビル・クリントン元大統領によって2005年に設立されたクリントン・グローバル・イニシアチブ(CGI)は、ビル・ヒラリー・アンド・チェルシー・クリントン財団のイニシアチブであり、グローバルリーダーを招き、最も緊急を要する世界の問題に対する革新的な解決策の考案と実行を目指しています。CGI年次総会には180人以上の首脳陣、20人のノーベル賞受賞者、数百人の優れたCEO、財団やNGOの代表者、著名な慈善事業家、メディア関係者が集まりました。今日までにCGI地域社会は3,200近くのコミットメントを作成し、180ヶ国以上の4億3千万人以上の生活を向上させてきました。

また、CGIはアメリカ合衆国の経済回復のための協働的解決策に専念するCGIアメリカや、大学生および大学院生を招聘し、自分たちの地域社会や世界中の差し迫った問題に取り組むCGI大学(CGI U)も開催しています。詳しくはclintonglobalinitiative.orgをご覧ください。また、ツイッターアカウント@ClintonGlobal、Facebookページfacebook.com/clintonglobalinitiativeのフォローもお願いいたします。