プレスリリース 2018年10月11日

ギャップジャパンLGBTの取り組み評価指標、「PRIDE指標2018」において最高評価の                  「ゴールド」を受賞

file

ギャップジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:スティーブン・セア、以下ギャップジャパン)は、任意団体work with Prideが策定する企業のLGBTに関する取り組みの評価指標、「PRIDE指標 2018」において最高評価「ゴールド」を受賞し、2018年10月11日に行われた「work with Pride 2018」セミナーにて表彰されました。

ギャップジャパンの米国本社である、Gap Inc. は1969年の創業以来、お客さま、そして従業員の個性と多様性を常に尊重してきました。「ダイバーシティー&インクルージョン」と呼ばれるポリシーの元、国籍、性別、性的志向などにかかわらず、公正さ、尊厳、そして敬意を持って接することは、企業理念のひとつでもあります。Gap創業者である、ドン&ドリス・フィッシャー夫妻の平等に対する強い思いは、およそ50年たったいまもなお従業員の心を動かし、導き続けています。

ギャップジャパン代表取締役社長、スティーブン・セアは次のように述べています。「今年初めて応募した、PRIDE指標にて、最高評価の「ゴールド」を受賞できたことを大変光栄に思います。ギャップジャパンは、全ての人の多様性、包括性を尊重する企業文化があります。会社にとっても、個人にとっても、「違う」と言うことは誇りと強さの源でもあります。一人ひとりがありのままの自分でいられることが、それぞれの能力を発揮し、成功につながると信じています。」

2018年4月より、社内規定における「配偶者」の定義を改定し、従業員のライフパートナーにも福利厚生、また団体生命保険の受取人など、全ての制度を適用することになりました。また対外的には、毎年ゴールデンウィークに開催される東京レインボープライドに2014年から参加を続け、イベント会場、また全国のストアにて、LGBTコミュニティの支持を表明しています。

これからも、全ての人に対する平等と機会を体現する弊社のルーツを大切にしながら、前向きな変化をもたたらせるよう、この平等というビジョンに従って行動していきます。