プレスリリース 2019年12月20日

Gapストア新宿フラッグス店、ブランド初のストアデザインを採用し、2020年4月3日(金)リニューアルオープン


ギャップジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:マシュー コリン、以下ギャップジャパン)は、2020年4月3日(金)に新しいデザインを採用したGapストアを、新宿フラッグスにリニューアルオープンします。このリニューアルにともない、2020年1月20日(月)から一時休業いたします。


今回のリニューアルはGapブランド世界初の取り組みとして、建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd. とパートナーシップを組み、デザイン、設計を行いました。Gapブランドのルーツに立ち戻り、ブランドを表現する様々な要素を抽出し日本らしさと融合させた、世界でひとつしかないこだわりのストアがこの春、新宿フラッグスに誕生します。

Gap店舗運営部 シニアディレクターの峰尾大史は、「Gapブランドはおよそ50年前の1969年にジーンズとレコードを売るお店として、米国カリフォルニアのサンフランシスコでうまれました。この新しいストアでは、そのカリフォルニアの雰囲気を感じていただけるようなイメージで、とても開放感のある明るいフロアデザインとなります。Gapへお越しくださる多くのお客さまに、お買い物だけでなく、このような特別な空間でのひとときを過ごしていただきたい、という我々の思いとこだわりが凝縮されたストアです」。と述べています。

この春に生まれ変わる、Gapストア新宿フラッグス店での新しいショッピング体験にご期待下さい。

###

■Gapストア新宿フラッグス店詳細
2020年4月3日(金) リニューアルオープン
所在地:東京都新宿区新宿3丁目37番1号 新宿フラッグス1F/B1F
電話番号:03-5360-7800
営業時間:11:00 – 22:00
取扱商品:メンズ、ウィメンズ、キッズ、ベビー向けの衣類および小物
*改装のため2019年1月20日(月)から4月2日(木)まで一時休業

■SUPPOSE DESIGN OFFICEについて
SUPPOSE DESIGN OFFICEは谷尻誠、吉田愛率いる建築設計事務所です。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で幅広い分野のプロジェクトを多数手がけています。近年の代表作に「hotel koe tokyo」「関東マツダ目黒碑文谷店」など。「ONOMICHI U2」で中国建築大賞2015大賞、International prize for sustainable architecture Gold Medal、「今治のオフィス」で第一回JIA四国建築賞大賞、「BOOK AND BED TOKYO」でJCDアワード大賞を受賞するなど、受賞歴多数。最近では、東京事務所併設の「社食堂」、「絶景不動産」「21世紀工務店」を開業するなど活動の幅も広がっています。https://www.suppose.jp/